ローリー・クック!THE WALTZを率いていつしか25年。キンキーなソウルマンは今日もオキナワの夜をSweetにShakeします。ミスターコザ・ローリーの活動状況&最新NEWS♪

プロフィール

rollypins

Author:rollypins
ローリー・クック広報部部長です。務めるは『勇気の友・オフィシャルNEWSサイト管理人』という名の聖職。クック船長の行動をしっかりとご報告いたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

6/24 ローリー ソロLIVE 

ローリー・クック M frog LIVE


ローリー・クック コザ・M frogでのソロライヴです。

☆6月24日(土)
場所   M frog(胡屋十字路琉球銀行隣り 富里ビル1F)
開場20:00 開演21:00 料金 ¥2000
問い合わせ M frog (098)929-1233
スポンサーサイト
2006/05/28 12:58|ライヴ情報TB:0CM:2

コメント

ローリーは怒ってもいるのだ。
無言の石。
情熱の橋。

永遠の詩の流れをくむような、これらの「時代と対峙」した曲。

ループ君に喜んでいるローリーに着目するだけでは、ものたりない。

ローリーは怒ってもいるのだ。

偽りの英雄の頃から、顕著になった。と思う。

ひたむきに、生きようとし、誠実にふるまおうとし、その視点で社会をみるなら、楽観的な状況はほとんどない。そう思う。

その事実から目をそらさず、まっすぐに歌おうとするならば、怒りがないほうがおかしい。

くりかえす。ローリーは怒ってもいるのだ。

あとは、われわれに、そのエネルギーを受け止めて、投げ返す、そんな力があるのかどうかだ。

もらいっぱなしでよいわけがない。心意気にはチャージ代なんてつまらないもので応えるだけじゃ全然足りない。

心意気に応えることができるものは、心意気だけだ。

僕たちは、ローリーの熱をきちんと受け止めているか?流してしまってないか?その場かぎりの恍惚でおわらせていないか?

そんなことを感じさせるライブであった。もう、ローリーは次の局面にきている。後押しするファンは、どうだ?自問自答。
コニシケ #-|2006/06/27(火) 23:46 [ 編集 ]
情熱・・
だいぶ日にちは経ってしまいましたが、M frogソロライヴ・今までにないライヴで素晴らしかったです!
記憶をたどって曲リスト残しておきたいと思います。

「園田エイサーの季節」「MY LITTLE TOWN」「恋の予感」(安全地帯) 「I Love You コザの街」(スローヴァージョン) 「夏の日の思い出」「抱きしめたい」「あの夏の日のドライヴインシアター」「HAPPY GUITAR」(Inst) 「R・ストーンズ キースをイメージしたInst」「ハンビーサンセット」「無言の石」「B列車で行こう」「とうまのみきお」「Just a Little Bit」(サザンの英語ヴァージョン) 「情熱の橋」「チェリークライ」「LOVE」「特別な夏」「傲慢なパーティ」「守ってあげたい」(ユーミン) 「以心伝心のお月様」「だって聖職なんだもん」「プレゼント」(玉置浩二) 「Fools Fall In Love」(ドリフターズ) 最後にもう1回「I Love You コザの街」

ヘヴィな日々が続いてうつむきがちな心に、ローリーの嬉しさ・優しさ・怒り・情熱がしみました・・
☆ローリーの足元で大活躍の初登場『ループ君』もお疲れ様でした!
♪ #N4sINcV.|2006/07/12(水) 02:44 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://rollyroll.blog67.fc2.com/tb.php/5-1e56979f

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 勇気の友~ローリー・クックNEWS~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。